サンフランシスコでレンタカーを予約しよう

サンフランシスコ ベイエリアの風景

サンフランシスコはカリフォルニア州にあり、アメリカ西海岸を代表する都市です。 サンフランシスコと言えば地中海性気候で一年中とっても過ごしやすい場所。そんなサンフランシスコではドライブが最高に楽しいです!

そんなサンフランシスコでのレンタカーの借り方を解説します。

ハーツ、エイビス、バジェット、アラモ、ダラーなど、直接各レンタカー会社で借りることも出来ますが、オススメの格安レンタカーrentalcars.com(旧トラベルジグソー)を使った流れを説明します。

rentalcars.comは、サンフランシスコのレンタカー会社の中から、その時々の日程で一番安いレンタル料金を提示してくれます。

管理人も海外では必ずrentalcars.com を使います。(直接予約する場合より、1週間で1万〜2万安くなることも)→サンフランシスコ格安レンタカー 料金比較

ただし安いプランは人気がありすぐ埋まってしまいます。

サンフランシスコに旅行が決まったら、なるべく早めに予約しておきましょう。

rentalcars.com Webでの予約方法

1. 「rentalcars.com」 のトップページにアクセスします。

レンタカー 格安海外レンタカー トラベルジグソー 海外レンタカーを最安値で借りられるサイト

2. 画面左の「レンタカー最安値検索」でサンフランシスコ国際空港で借りる場合は以下を選択

  • 国:アメリカ – カリフォルニア
  • 都市:サンフランシスコ(San Francisco)
  • 場所:San Francisco Airport

サンフランシスコの空港で借りる場合には「San Francisco Airport」を選択してください。

サンフランシスコではレンタカーセンターがあるので、空港へ着いたらまずはそちらへ向かいます。空港内の表示に従って向かうこともできますが、エアトレインのブルーラインを利用するのが非常に便利です。

また同じ空港で返却する場合は「貸出営業所に返却」を選択しておきましょう。

Rentalcars.com サンフランシスコ予約画面

借りたい日と時間、返却の日と時間を決めたら「検索」をクリックします。

3. 該当の期間でレンタル可能な車種がリストアップされます。

リストアップされた車種には「一番人気」「お得な料金」などという表示がついていますので、とても分かりやすくなっています。無料で利用できるサービスにどのようなものがあるかといったことも一目で分かりますので、見やすさも抜群です。

サンフランシスコ予約画面 レンタカー検索結果

「エコノミー」「コンパクト」「スタンダード」「インターミディエート」「フルサイズ」「プレミアム」「ラグジュアリー」で車種と値段が分かれていますが、サンプル車種が表示されていますので、好みで決めてしまいましょう。

原則車種を指定することはできないのですが、どうしても変更したい場合、予約後に電話で連絡すれば指定できるようです。

4. 車種を決め、予約ボタンをクリックすると、パッケージを選ぶ画面になります。

ここでは、「スタンダードパッケージ」「カーナビパッケージ」「追加ドライバー料金・初回ガソリン代」の中からパッケージを選びます。

カーナビは現地でつけることもできますが、混雑時にはなくなっている可能性が高いので、この時点でカーナビをつけておくことをオススメします。

エクストラの部分でチャイルドシートの追加も可能です。

5. ドライバーの詳細(名前、メールアドレス、連絡先電話番号)を入力します。

名前はローマ字入力です。

フライトがまだ決まっていない人は、右のチェックボックスにチェックを入れておきます。

rentalcars.com 予約画面 ドライバー入力

問題なければ「予約」をクリックします。

7. クレジットカード番号を入力します。

利用できるカードは VISA, Master Card, American Expressの3種類です。

8. 決済に問題がなければ、予約確認番号が表示され予約終了です。

メールに詳細が届いていると思いますので、確認しましょう。(もし届いていない場合は、迷惑メールフォルダもチェックしましょう)

サンフランシスコ国際空港 現地で必要なものを用意しよう

予約後のメールに、レンタカー受け取りに必要なものがリストアップされていますので確認しましょう。

「ご予約確認書』

予約後72時間以内にメールが送られてきますので、印刷して持参しましょう。

「クレジットカード」 自分名義(予約者本人)のクレジットカードを持っていきます。

「日本の運転免許証」 国際免許証だけでなく、日本の免許証を必ず持って行きましょう。

「国際免許証」 事前に取得した国際免許を忘れずに。

もちろんパスポートや、ESTAもしっかりと事前に用意するようにしましょう。

サンフランシスコの交通事情

サンフランシスコ ケーブルカー

サンフランシスコ国際空港からの交通事情はというと、様々な手段があります。

まず代表的なのがBART(公営高速鉄道システム)です。この電車を使えばサンフランシスコやイーストベイ、サンマテオ・オカウンティの方面へ行くことができます。

また、サムトランスバスと呼ばれるバスなども空港から出ていますので、こちらで移動することももちろん可能です。

しかし、アメリカはやはり車社会ですから、車での移動に便利なように作られているところも多々あります。そのことを考えると、レンタカーがあるとより快適な旅行になると言えるでしょう。

アメリカの道路状況というと、マンハッタンなどニューヨークの中心部の激しい混雑具合を考えてしまいますが、それはあくまでも都市部の一部分のみです。

サンフランシスコであれば、そのような混雑に巻き込まれることもなく、比較的余裕を持って運転できる場所が多いでしょう。

レンタカーがあればサンフランシスコの様々な場所に行くことができます。

海沿いの道路などはドライブをしていてもとても気持ち良く爽快な気分にしてくれるでしょうし、景色もまた素晴らしいでしょう。

ドライブでただ景色を楽しむだけでなく、様々な観光スポットももちろんあります。 代表的なのはゴールデンゲートブリッジでしょうか。 レンタカーがあればちょっと遠出をしてナパ・バレーのワイナリー巡りなどもすることができます。

サンフランシスコはやっぱり広い!その広い場所を存分に楽しもうと思うと、公共交通機関だけではなかなか難しくなってきてしまいます。 自分で自由に旅程を組めるレンタカーはサンフランシスコでも非常に便利に使えます。

サンフランシスコ 人気&オススメ ドライブスポット

ユニオンスクエア

サンフランシスコ ユニオンスクエア写真

サンフランシスコの繁華街ダウンタウンの、更に中心とも言える場所がこのユニオンスクエア(Union Square)です。ポーツマススクエア・プラザ・ガラージ(Portsmouth Square Plaza Garage)という地下4階502台が駐車できる公営駐車場が、1日最大(24時間)でも$27で駐車できて格安なため、まずはこの駐車場に停めてから、ゆっくり観光するのがオススメです。

最近できた「サックス・フィフス・アベニュー」や「ニーマン・マーカス」のアウトレットを楽しむのも良し、子供がいるなら「チルドレンズ・クリエイティビティ・ミュージアム」や「カートゥーン・アート・ミュージアム」に行っても良いでしょう。
1日では足りないかもしれないので、複数泊して観光を楽しむ場合には、ホテルの駐車場に停めておくというのも手です。

SFOからレンタカーでの移動目安:23分(渋滞なし、US-101 N経由)

ベイブリッジ

サンフランシスコ ベイブリッジ写真

ドライブで夜景を楽しみたいなら、サンフランシスコの夜のシンボルとも言えるベイブリッジのライトアップを見に行きましょう。
ただ橋の上での駐車はできないので、ゆっくりとベイブリッジを眺めたいなら、ノースビーチの近くのエンバーカデロ(The Embarcadero)の通りあたりから眺めるのがオススメ。
遊歩道もあるので、パーキングに一時的にとめて、ゆっくりと散歩をするのも良いでしょう。
ベイブリッジを通る際には、オークランドから市内に入る場合に、通行料金がかかりますが、その際FasTrakという電子決済システムで徴収されますので、注意しましょう。

SFOからレンタカーでの移動目安:23分(渋滞なし、US-101N、I-80 E経由)

フィッシャーマンズワーフ

フィッシャーマンズワーフ写真

サンフランシスコは本来港町ですが、それを象徴するのがこの「フィッシャーマンズワーフ(Fisherman’s Wharf)」です。有名なのは、ジェファーソンストリート、テイラーストリートの交差点にあるカニのマークですが、このあたりがフィッシャーマンズワーフの中心と言えるスポットとなっています。

「ピア39」にはレストランやショップが集結し、湾内クルーズのフェリーの発着場もすぐ近くにあります。
また、少し東の方に進んだピア33には、こちらも有名な観光スポット、アルカトラズ島へのフェリーにも乗ることができます。
レンタカーで行った場合の駐車場ですが、PIER 39 Garage がありますが、こちらが少々割高です(1時間$10、1日最大$50)
ランチをすれば1時間無料、ディナーなら2時間無料ですが、ユニオンスクエアの公営駐車場の方が全然安いので、そちらに停めてから、ケーブルカー、ミュニバス、ミュニメトロでくるのもアリだと思います。

SFOからレンタカーでの移動目安:32分(渋滞なし、US-101 N経由)

ロンバードストリート

Lombard Street(ロンバードストリート)写真

「世界で一番曲がりくねった坂道」という別名がつけられているのがこの「ロンバードストリート」。
400メートルくらいの傾斜がとてもきつい(28度)坂に、Z字の急カーブが8つもある道で、車がクネクネと下りてくる様子は見ていてとても楽しい観光名所です。
走り屋のようにドリフトをするだけの幅はありませんが、走り屋でなくても車の運転に自信のある人や運転好きの人は、行列してこの坂を下って、楽しんでいるようです。
ダウンタウン方面からレンタカーで向かう場合は、ロンバードストリートを登ってハイドストリートの角の頂上へ、そしてコロンバスアベニューに下っていきます。
ただ、サマーシーズンなどは人気がありすぎて、かなりの混雑でスピードは出せないのでご注意を。
歩道も併設されていて、くねくね曲がる車を見ながら散歩するのも楽しい道です。

SFOからレンタカーでの移動目安:27分(渋滞なし、US-101 N経由)

ゴールデンゲートブリッジ

ゴールデンゲートブリッジ写真

サンフランシスコの橋と言えば、上記で紹介したベイブリッジもそうですが、この世界一美しいつり橋とも呼ばれる「ゴールデン・ゲート・ブリッジ(Golden Gate Bridge)」が有名です。
インターナショナル・オレンジと呼ばれる朱色の吊り橋を、近くにレンタカーを停めて遠くから眺めても、橋をドライブしても、どちらでも堪能できると思います。夕日に合わせたドライブもオススメです。
また、ゴールデン・ゲート・ブリッジの周辺(サンフランシスコ側)はプレシディオ(Presidio)、リッチモンド(Richmond)と呼ばれる自然が豊かな地域には美術館や、バイキングを楽しむ人も多くいます。

SFOからレンタカーでの移動目安:30分(渋滞なし、I-280 N経由)

シリコンバレー(グーグル本社、アップル本社)

アップル本社ストア写真

これはあくまで個人的なオススメですが、シリコンバレーに行くなら、サンノゼ(San Jose)やサンタクララ(Santa Clara)でテック博物館やリーバイスタジアムを楽しむのも良いですが、Google好き、Apple好きの人であれば、ぜひGoogle社とアップル社があるマウンテンビューに行ってみてほしいです。
Google社の本社屋は、グーグルプレックス(Googleplex)と呼ばれ、東京ドームとほぼ同じくらいの大きさで圧巻です。Googleカラーの自転車でGoogleplex内を移動することができます。
また、スティーブ・ジョブズ氏が残したApple本社は中には入れないですが、敷地内に世界中に一つだけの「アップル・カンパニーストア」があって、ここでしか手には入らないアップルのロゴが入ったアイテムを手にいれることができます。

グーグルプレックス(Googleplex)
SFOからレンタカーでの移動目安:26分(渋滞なし、US-101 S経由)

アップル・カンパニーストア(Apple Company Store)/ アップル本社(Apple Inc.)
SFOからレンタカーでの移動目安:32分(渋滞なし、US-101 S経由)

ナパバレー

Napa valley(ナパバレー)写真

カリフォルニアといえばワインの産地でも有名ですが、サンフランシスコの北に車で1時間半くらい走ったところに、ナパバレー、ソノマカウンティといったワインカントリーがあります。
個人的にはナパのワインが大好きでオススメなので、ぜひワイナリーでおいしいナパワインを安価にゲットしてください。
ワイナリーとしては、有名なのは「オーパスワン ワイナリー(Opus One Winery)」ですがテイスティングは$50とお高いです。
管理人個人のオススメは「ダックホーン・ビンヤード(Duckhorn Vineyards)」。ダックホーンは、オバマ大統領も好むワインで、$65〜$90くらいでかなり幸せになれるワイン(特にメルローがオススメ)が飲めます。ワイナリーでのテイスティングは$10〜$20です。
もうちょっと庶民的なワイナリー(そういう言い方も失礼ですが)でオススメはイタリアンデリが併設されている「ヴィ.サトゥーイ・ワイナリー」です。ぜひレンタカーで好きなワイナリーへ足を運んでみましょう。もちろん、テイスティングする場合は、宿泊するか、運転を代わってもらいましょう。

V.サトゥーイ・ワイナリー(V. Sattui Winery)
SFOからレンタカーでの移動目安:1時間26分(渋滞なし、I-80 E、CA-29 N経由)

マウントシャスタ

Mount Shasta(マウントシャスタ)写真

ナパよりさらに北上し、サンフランシスコから約430kmほど離れた北カリフォルニアのヒーリングスポットとも言える場所がマウントシャスタです。
標高4317mのシャスタ山の麓の町であるマウントシャスタは、カスケード山脈と深緑、川に囲まれた大自然で癒されようとする観光客が増えています。
せっかくレンタカーで来たからには、シャスタ山を目指してドライブしましょう。5合目のバニーフラット(Bunny Flat)までは通年アクセスできますし、標高約2408mにあるオールド・スキー・ボウル(Old Ski Bowl)までは積雪状況にもよりますが、車で行くことができます。ぜひ大自然を感じるドライブを楽しんでください。

SFOからレンタカーでの移動目安:4時間13分(渋滞なし、I-5 N経由)

モントレー

モントレー(Monterey)写真

サンフランシスコから南に約200km行くと太平洋に突き出たモントレー半島の北側に位置するのがモントレーの町です。
空港からはUS-101 S経由で行くのが早いですが、景色を楽しみたいのなら、i-280をなんかして、サンタクルーズ経由で行くのがオススメの湾岸ドライブコース。
見所としては、フィッシャーマンズワーフと、スタンベックの小説の舞台にもなったキャナリーロウの缶詰工場。ショップやレストランがあって、観光客でにぎわっている。世界的に有名なモントレーベイ水族館にも立ち寄ってみたいですね。
モントレーから隣町のカーメルに向かう、「17マイルドライブ」という人気のドライブコースもあります。

SFOからレンタカーでの移動目安:1時間39分(渋滞なし、US-101 S経由)

ヨセミテ国立公園

ヨセミテ(Yosemite)写真

世界遺産にも登録されたヨセミテ国立公園(Yosemite National Park)は、アメリカを代表する大自然が詰まった国立公園です。
バスや列車でもいくことができますが、レンタカーを使っていくのが断然オススメ。サンフランシスコからはベイブリッジを渡って、CA-120 E、I-580 E、I-205 Eの順に進んで約3〜4時間くらいかけていく価値のある公園です。入園料は1台$30。見所は「ヨセミテバレー(Yosemite Valley)」と呼ばれる渓谷で、中心にあるのがヨセミテビレッジです。ここに案内所をはじめ、レストランやショプが集まっています。
とにかく、どこまでも広がる大自然に圧倒され、感動すること間違いなしなので、レンタカーの運転は疲れるかもしれませんが、ぜひ行ってみることをおすすめします。

SFOからレンタカーでの移動目安:2時間55分(渋滞なし、CA-120 E経由)