プリーズタッチ博物館はその名の通り全ての展示に触れることができる博物館です。
通常博物館というとただただ展示を見てまわるというものですが、これでは子供にとっては少し退屈なこともあります。
しかし、触れて遊べるとなると話は別で、きっと大はしゃぎで楽しめること間違い無しです。

触れて学べる

プリーズタッチ博物館の良いところは、単に触れて遊べるという部分だけではありません。遊びを通して色々な機械や科学の仕組みを学べるようになっているのです。
そのため、小さな子供であれば単に動きや感触を楽しんで、少し大きくなってきたら知的好奇心を満たすということも可能なのです。

触れられるということは非常に大きな意味を持っています。
自分がそこに参加することができるので、単に見ただけの時とは違った学びを得ることができるのです。
経験を通して得た知識は深く身についていきます。

クラシックなメリーゴーランドが人気!

プリーズタッチ博物館があるのは万国博覧会の時に建設されたフェアモントパーク内のメモリアルホールです。
そしてそこには1908年製のクラシカルなメリーゴーランドが修復されて設置されています。
この雰囲気のあるアトラクションは子供たちにとても人気です。

博物館内は多くの子供たちでにぎわっていますので、迷子にならないように常についていてあげるようにしましょう。子供たちが自由に遊べる分ケガなどの危険も増えますから、きちんと見ておいてあげる必要があります。

ダウンタウンからドライブがてらすぐに来ることができる場所ですから、子供のいる家族旅行などの場合には旅程に組み込んでおくのがオススメです。