ロサンゼルスのどのレンタカー会社を予約するか?

ロサンゼルス レンタカー

ロサンゼルスレンタカーを借りる際、どこのレンタカー会社で借りれば良いかというのがまず最初の悩みだと思います。

空港でレンタカーを提供している会社で、日本語サイトなども用意している大手のレンタカー会社は、ハーツ、エイビス、アラモ、エンタープライズ、ダラー、バジェットなど大手レンタカー会社に加え、日本語スタッフの常駐する「さくらレンタカー」があります。

もちろん、どこかお気に入りのレンタカー会社を選択するというのもありですが、格安に借りたい場合は Rentalcars.com がダントツです。

同じ車種で一週間借りても普通に$100ドル以上も差がでてきますし、実際に借りるのは上記大手レンタカーサイトなので、利用しないと確実に損をすると思います。(レンタカー料金比較

一点だけデメリットとしては、レンタカー会社のプランを横断して検索しますので、最安値プランでお気に入りのレンタカー会社が出てこない可能性がある点でしょうか。どうしてもお気に入りの会社で借りたい場合や、日本語のスタッフが良い場合(さくらレンタカー)は、料金は度外視してそちらを選択すると良いと思います。

ここでは Rentalcars.com で事前予約する方法を解説しますが、各レンタカー会社で借りる場合は画面が違いますのでご了承ください。

 

rentalcars.com でロサンゼルスのレンタカー予約方法

1. 「rentalcars.com」 のトップページにアクセスします。

レンタカー 格安海外レンタカー トラベルジグソー 海外レンタカーを最安値で借りられるサイト
2. 画面左の「レンタカー最安値検索」でロサンゼルスの場合は以下を選択

  • 国:アメリカ – カリフォルニア
  • 都市:ロサンゼルス(Los Angels)
  • 場所:Los Angels Airport

 

基本的にはロサンゼルスで借りる場合には「Los Angels Airport」のレンタカー営業所で借りて、また同じ空港に返す形ですが、帰りは他の空港を利用する場合は、「貸出営業所に返却」のチェックは外しましょう。

 

rentalcars.com 検索画面

 

借りたい日と時間、返却の日と時間を決めたら「検索」をクリックします。

 

3. 該当の期間でレンタル可能な車種がリストアップされます。

 

rentalcars.com 検索結果

「エコノミー」「コンパクト」「スタンダード」「インターミディエート」「フルサイズ」「プレミアム」「ラグジュアリー」で車種と値段が分かれています。

原則車種を指定することはできないのですが、予約後に電話で連絡すれば指定できるようです。

 

4. 車種を決め、予約ボタンをクリックすると、パッケージを選ぶ画面になります。

 

 

ここでは、「スタンダードパッケージ」「カーナビパッケージ」「追加ドライバー料金・初回ガソリン代」の中からパッケージを選びます。カーナビはここでつけなくても、借りる時に聞かれますので、その時に確認しましょう。

エクストラの部分でチャイルドシートの追加も可能です。

 

 

5. ドライバーの詳細(名前、メールアドレス、連絡先電話番号)を入力します。

 

 

名前はローマ字入力です。

フライトがまだ決まっていない人は、右のチェックボックスにチェックを入れておきます。

問題なければ「予約」をクリックします。

 

6. クレジットカード番号を入力します。

 

 

利用できるカードは VISA, Master Card, American Expressの3種類です。

 

 

7. 決済に問題がなければ、予約確認番号が表示され予約終了です。

 

 

メールに詳細が届いていると思いますので、確認しましょう。(もし届いていない場合は、迷惑メールフォルダもチェックしましょう)

 

ロサンゼルス 現地で必要なものを用意しよう

予約後のメールに、レンタカー受け取りに必要なものがリストアップされていますので確認しましょう。

「ご予約確認書』

予約後72時間以内にメールが送られてきますので、印刷して持参しましょう。

「クレジットカード」

自分名義(予約者本人)のクレジットカードを持っていきます。

「日本の運転免許証」

国際免許証だけでなく、日本の免許証を必ず持って行きましょう。

「国際免許証」

事前に取得した国際免許を忘れずに。

もちろんパスポートや、ESTAもしっかりと事前に用意するようにしましょう。

ロサンゼルス 現地でどうすれば良いか?

ロサンゼルス国際空港では、空港のバッゲージクレームエリアから出ると、シャトルバスの停留所がありますので、自分が予約したレンタカー会社のバスに乗りましょう。

メールで届いた「予約確認書」に、どこのレンタカー会社で貸し出されるかが書かれていますので、バスに乗って該当のレンタカーカウンターで、予約番号を伝えるだけです。

現地LAXでの詳細は、ロサンゼルス国際空港でのレンタカーの借り方・返却方法を確認してください。

レンタカーの道路事情は?

ロサンゼルスでレンタカーに乗るのであれば、ロサンゼルスの道路事情についても十分に把握しておきたいものです。

まず、ロサンゼルスには数多くのフリーウェイが走っています。

フリーウェイというのは、日本でいうところの高速道路になります。片側だけで5車線以上あるフリーウェイも少なくありませんので、運転の際には注意していきたいものです。フリーウェイの合流は基本的に右側からとなっています。

遅い車は一番右側の車線を走れば問題ありませんので、スピードを出す自信がないからは一番右側を走るといいでしょう。

慣れてきたら奥に入っていきくという形で問題ないかと思います。

ただ、ロサンゼルスの中には、何か所か左から合流する場所がありますのでここも注意が必要です。

フリーウェイになれている方でもやはり左からの合流というのは抵抗を感じるものです。フリーウェイを走る自信がないという方は、一般道を走るのもひとつの方法です。

次に、有料道路についてです。フリーウェイというのは日本でいうところの高速道路ではありますが、アメリカのフリーウェイは基本的にどこまで行っても無料となっています。

ただ、ロサンゼルス周辺には何か所か、「Tool Road」と呼ばれる道が存在します。例えば、ロサンゼルスからサンディエゴに向かうところには、フリーウェイと並行してTool Roadが走っています。これは有料道路になりますので、ここを通るときには料金が発生しますので注意しておきましょう。

道路を走行する上で気になるのが渋滞ですが、ロサンゼルスの渋滞はかなりのものです。東京の中心部の渋滞に慣れている方であれば、平気でしょうが地方からお越しの渋滞に慣れていない方にとってはかなりの衝撃になるでしょう。

朝は6時から10時くらいまで、夕方は15時から19時くらいは当たり前のように渋滞します。

渋滞する場所というのはだいたい決まっていますので、そういったところを避けながらレンタカーを走らせるとストレスなく快適なドライブを楽しむことができるでしょう。

ちなみに、レンタカーで行った場合の、各観光スポットへの距離感と、目安の時間を載せておきますので、参考にしてください。

LA road

 

ロサンゼルスに行ったらレンタカーで行ってみたい場所

映画で見たことがある!サンタモニカピア

サンタモニカピアは映画などでも度々登場してくる場所です。その景色をどこかで見たことがあるな、と思う人も多いはずです。

この有名な桟橋ができたのは、なんと100年以上も前の1909年なんです。実はとても歴史のある古い桟橋なんですね。

周辺には遊園地やフードコート・水族館などがありますから、景色を楽しみながら散策をしたり、食事を楽しむこともできます。
特に夕日が太平洋に沈んでいく時間帯はとてもきれいです。

ビバリーヒルズのロデオドライブでショッピング

ビバリーヒルズにあるロデオドライブは高級ショッピングエリアとして知られています。
映画「プリティ・ウーマン」で出てきたお買い物シーンで知っているという方も多いかもしれません。

そんなロデオドライブは映画の雰囲気そのままに、非常に高級な場所。あるのはハイブランドのお店ばかりです。

しかし、中には日本で購入するよりもうんと安く手に入るというものもあります。
例えばティファニーやコーチなどのアメリカ生まれのブランドの場合には、日本で購入するよりもうんとお買い得ということもあります。

ディアビーコン

ハリウッド&ハイランドはショッピングモールとアカデミー賞受賞式の会場にもなるドルビーシアターのある場所です。

もちろんショッピングも楽しむことができますが、ぜひ訪れたいのはアカデミー賞受賞式の1週間前からです。
その頃になると、ドルビーシアターに続く階段にあのレッドカーペットが敷かれるのです。
しかもそこで自由に記念撮影もできますから、ハリウッド女優になった気分で写真撮影を楽しむのも良いのではないでしょうか。