ハワイでは駐車違反が厳しい

ハワイを旅行する時、レンタカーを利用すれば行動範囲が大きく広がるため非常に便利です。

しかし、慣れない土地でレンタカーを利用すると交通ルールを把握していない事もあり、駐車違反・レッカー移動・スピード違反などの思わぬトラブルに遭ってしまう場合も少なくありません。

そこで今回は、ハワイでレンタカー利用によるトラブルに遭ってしまった場合の対処法についてご説明したいと思います。

ハワイでは駐車違反が厳しい

ハワイでは、駐車違反の取り締まりが非常に厳しい国としで有名です。
そのため、日本のようにほんの少しでも路上駐車をしてしまうと、問答無用で反則切符を切られてしまいます。

ハワイでの駐車禁止区域は、縁石が赤や黄色に塗られている場所・黄色い消火栓がある場所・「TOW AWAY」と書かれた標識のある場所となっています。

ですが、上記の駐車禁止区域の表示がされていない場所でも、駐車が禁止されている場合が稀にあります。
そのため、ハワイをレンタカーでドライブする際は、事前にドライブする道を計画しておき、その道順のどの区域なら駐車がOKかを確認しておく事がベストでしょう。

また、観光スポットとして人気の高いオアフ島のワイキキやダウンタウンは、特に交通の取り締りが厳しい場所なので注意しましょう。

そして、駐車をする場合には必ずパーキングメーターや駐車場を利用する事を徹底し、駐車料金やコインは予定している駐車時間よりも多めに支払っておくのがコツとなります。
これは、料金やコインが切れてから10分以内に反則切符が切られる事が多く、その際の罰金は30ドルとなるためです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ