ハワイの交通ルール①

ここではハワイの交通ルールについて、日本との違いをメインにご紹介します。

右側通行だったり、標識や信号が違ったりと、最初は少し戸惑うかもしれません。

でも多くの人が、初めてでも問題なくレンタカーを借りていますので、そんなに心配はしなくても良い思います。

 

主な交通ルールについて

  1. ハワイでは右側通行が交通ルールとなっています。
  2. ハワイでは赤信号でも右折する事が可能になっています。ですが、右折の前には一時停止を厳守し、歩行者などの安全確認をする事が大切になります。
  3. 信号機が設置されていない交差点では、4つの方向の全てが一時停止になっている場合、一番最初に交差点に入った車が最優先となります。
  4. ハワイの公道では、基本的に全面駐停車禁止となっています。
  5. パーキングを利用する場合に、車内に私物を残さないようにしましょう。また、トランクに荷物を入れた直後に車から離れる場合でも、盗難の危険があるので気をつけましょう。
  6. パーキングに「ハンディキャップゾーン」と書かれた標識がある場合は、障害者以外の方は駐車禁止となっています。また、違反した場合の罰金は$280 と高額ですので気をつけましょう。

バイクを運転する際のルールについて

  1. バイクを運転する際は、渋滞でもすり抜け運転は絶対に行わないようにしましょう。また、路肩での走行も禁止となっています。
  2. ハワイでは、ノーヘルでのバイク運転が可能です。しかし、万が一の際の安全性を考えると、ヘルメットの着用をする事が最善となります。
  3. ハワイの州法では、バイクを運転する場合にアイガード(サングラスや透明なメガネでも可)の着用が義務付けられていますので、この点については注意しましょう。また、違反の際の罰金は$78となります。
  4. ハワイは、特に駐車違反に厳しい国となっています。そして、バイクであっても必ずパーキングに駐車する事を厳守して下さい。

ハワイの交通ルール②

 

レンタカー 最安値の一括予約検索はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ