ハワイ料理を支える農産地クラ

 

ハワイ・リージョナル・キュイジーヌという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ハワイ料理というと、以前はあまり評価の高いものではありませんでした。

しかし、近年はこのハワイ・リージョナル・キュイジーヌと呼ばれる新時代のグルメが誕生し、その評価は変化してきています。

ハワイの食文化というと、これまではどうしてもアメリカからの食材に頼っている部分が多くありました。

しかし、ハワイ・リージョナル・キュイジーヌの動きでは、ハワイ本土で栽培される農作物をふんだんに活かすことを行っています。

そして、そんな地元の農作物を育む土地として知られているのが、マウイ島のクラなのです。

クラで育てられた野菜は、注目のシェフがいるレストランでも使われている、とってもおいしいものばかりです。

おいしい野菜が作れる秘密は、豊かな火山性土壌にあります。

この土地のおかげで、おいしい作物が育っているのです。

そんなクラの農園を巡ってツアーを行うこともできます。

おいしい野菜やきれいな花がどんなふうに育っているのか、それを見てから料理を味わうと、また違った思いが出てきそうな気がします。

クラは実は美しい景色を楽しめる穴場なスポットでもあります。

マウイ島と太平洋を見渡せる、内陸部で最高のビュースポットですので、農園見学の際にはぜひ美しい景色を見ることもお忘れなく。

自然が育むおいしい野菜を見て、味わって、楽しんで、ハワイの新時代のグルメに舌鼓を打ちましょう。

 

大きな地図で見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ