ハワイアンにとって特別な滝「アカカ滝」

 

アカカ滝があるのは、アカカ滝州立公園の中です。

この公園の中はハイキングコースになっており、ハイキングを楽しみながら滝を見にいくことができます。

公園内にはアカカ滝の他にも、カフナ滝という落差30メートルの滝があります。

しかし、なんといっても有名なのはアカカ滝でしょう。

その落差は134メートル。

見上げるような高さから大きな音を立てて水が流れ落ちてきます。

特に午前中は光の当たり具合が良く、滝つぼでは虹が見られることも多いそうです。

公園内を歩いていっても1時間もすればアカカ滝まで着けますから、ぜひハイキングを楽しみながら行きたい場所ですね。

そんな美しいアカカ滝は、昔からハワイアンにとっては特別な滝です。

歌などにも頻繁に歌われています。

アカカ滝には、悲しい言い伝えもあります。

それは、アカカという非常に強くてハンサムな戦士の司令官についての言い伝えです。

アカカはハワイ中の女性の注目の的でした。

妻がいましたが、妻のいない隙に他の恋人のところへ行ったりもしていました。

そして妻がアカカに「家に帰ってきてほしい」と頼むと、アカカはそれまでの自分の行いを恥て罪の意識を抱き、絶壁から身を投げ出したのです。

妻もその絶壁のところへたどりつき「全てを水に流しましょう」と言ったのですが、時既に遅し。そして妻の流した涙が滝になったのだと言われています。

言い伝えには様々なバリエーションがありますが、昔からハワイの人々に愛され続けている滝なのだと言うことが分かります。


大きな地図で見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ