サーストン溶岩洞で探検家気分

 

サーストン溶岩洞はハワイ火山国立公園内にある洞窟です。

この洞窟は、溶岩が少しずつ流れることで固い壁や天井を形成していき、最後まで落ちきることでできあがったものです。

そんなふうにできた洞窟は数々ありますが、サーストン溶岩洞はその中でも特に大きく見ごたえのある洞窟といえます。

洞窟というと狭く暗いイメージですが、サーストン溶岩洞は立っても天上に頭がつかないくらいの高さがあります。

照明が設置されている箇所もありますので、比較的安全に洞窟探検を楽しめる場所になっています。

また、洞窟内部はとても涼しい場所ですので、そんなひんやりとした空気も同時に楽しんでしまいましょう。

壁や天井の鉱物をより良く観察したいようでしたら、懐中電灯を持参するのがおすすめです。

美しい形や色をした鉱物を観察することができますし、溶岩の威力を感じることもできます。

より冒険気分を味わうなら、懐中電灯無しの方がスリリングな気持ちで楽しめます。

ただし、その場合には足場に気をつけて歩きましょう。

ハワイ火山国立公園ビジターセンターでは、レンジャーによるガイドツアーも行っています。

溶岩洞についてより深く知りたいなら、ガイドツアーもおすすめです。

電話などで予約をしておくとスムーズに利用できますよ。

また、この近辺には他にもいくつもの溶岩洞があり、民間のガイドツアーなども多数行われています。

色々な溶岩洞をまわってみるのもおもしろそうですし、意外な穴場が見つかるかもしれませんよ。


大きな地図で見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ