ケアラケクア湾州立歴史公園

 

ケアラケクア湾州立歴史公園は、ハワイの中では特にきれいと評判の海です。

きれいな海を見たい!そんな気持ちでハワイに行ったなら、ぜひ訪れて欲しい場所ですね。

海洋保護区域に指定されているスポットですので、海のきれいさは抜群です。

シュノーケリング・スキューバダイビング・カヤックなどを楽しむのにも最適で、運が良ければハシナガイルカに出会うこともできます。

たとえイルカに会えなかったとしても、サンゴや熱帯魚の群れが楽しませてくれますよ。

この自然がどうして守られているのかというと、それはアクセスがとても難しいところだからです。

周辺は駐車禁止の場所も多く、実は車でも行くのがなかなか大変なところ。

それでもきれいな海を楽しみたいという人にはおすすめの場所なのです。

そんなきれいな海であるケアラケクア湾は、キャプテンクックが西洋人で初めてハワイに入港した場所なんだそうです。

いわばハワイの玄関口というところでしょうか。

とはいえ、キャプテンクックは上陸から1年後には原住民たちとの間にトラブルを起こして、そのままこのケアラケクア湾で命を落としています。

そのため、キャプテンクックの追悼記念碑もたてられています。

きれいな海であり、西洋人とのトラブルが初めて起こった地でもあり、色々な歴史の絡まりあう場所ともいえそうです。

それでも変わらず美しい自然の風景を、ケアラケクア湾州立歴史公園では楽しむことができるのです。

ビーチに隣接しているピクニックエリアものんびりできるスポットですよ。

 

 


大きな地図で見る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ